ベルト緩み監視装置 ユルサーバイフォーとは

 「うちのトラックの荷物、荷崩れはおこさないかな」「さっき締め直したトラックの荷締めベルト、緩んでいないかな…」「いまの路面からの衝撃で荷物は大丈夫かな」と心配しながら運転したことはありませんか?ユルサーバイフォーは、そんなドライバーや荷主さまのお悩みを独自の緩み監視機能で解決いたします。

設定いらず 手間いらずだれでも簡単操作

ベルトを締める前にユルサーバイフォーを取り付けて荷締めするだけ。あとは自動でシステムが動作します。面倒な設定や処理は必要ありません。

ゆるみセンサーで荷締めベルトを常時監視

ラッシングベルトやスリングベルトに取り付けられたセンサーは、常にベルトのテンションを計測し受信機にデータを送信し続けます。

もしゆるんでしまってもアラームでお知らせ

走行中にゆるみが発生した場合には、即座にセンサーが感知しデータを送信。受信機は3段階のアラームでドライバーに危険を伝えます。

4ケ同時接続でトラックの主要なベルトを監視

受信機は同時に4つのセンサーを制御でき、トラックまるごと1台分をカバー。一つでもゆるみが生じたら即座に受信機アラームを鳴らします。


ユルサーバイフォーの機能

 荷室または荷台にセットされたYURUSOR_4は、スリングベルトやラッシングベルトに直接セットされ、ベルトが緩んでトラックの荷崩れが発生しないか、常に監視しています(4ケ同時接続)。

 もしそれらのベルトに緩みが生じると、運転席側に設置されたモニターに、どのYURUSOR_X4が緩んでしまったのかを即座にアラームでお知らせします。